いろいろな種類があります|紫外線のせいで深くなった目の下のたるみは美容整形で治す
女の人

紫外線のせいで深くなった目の下のたるみは美容整形で治す

このエントリーをはてなブックマークに追加

いろいろな種類があります

医療器具

ヒアルロン酸注射は、特にほうれい線に効果が現れやすいといわれています。ほうれい線は小鼻のわきから口角あたりにかけてできる溝のことをいいます。この辺りはこめかみなどに比べて皮膚に厚みがあるため、ヒアルロン酸注射の影響が皮膚の表面へ出にくい場所です。その点では、万が一ムラが出来た場合でも安心です。また、ほうれい線はしわに沿って注射をすればよいことから、治療もしやすい箇所です。ほうれい線はしわの深さや長さが大きく、施術しやすくなっています。まずは、ヒアリングで、ほうれい線のどこからどこまでを施術するのか、また、どのくらいのヒアルロン酸を注入するかを相談します。そのあとは、施術場所に注射をするだけです。

ヒアルロン酸注射の特徴は、注射をするときのヒアルロン酸の粘度やその粘度に合わせた注射針を選ぶ必要があるということです。まず、ヒアルロン酸注射をするときには、注入する場所によって、粘度を選ぶ必要があります。例えば、目の下など皮膚が比較的薄い場所に注入する場合には、あまり粘性がない薬剤を使用します。そうすることによって、皮膚の内部で薬剤がたまることが少なくなるためです。反対に、皮膚が薄い場所に粘性の高いヒアルロン酸を使用した場合には、皮膚の内部でヒアルロン酸がムラになってしまい、凸凹してしまいます。また、ヒアルロン酸の種類によって、注射針の太さを決めます。粘性の高いヒアルロン酸の場合には、極細の注射針ではうまく注入できません。